ナルのハワイ徒然日記

ハワイ旅行を徒然と綴ります!ステーキ、スイーツ、現状、お気に入りスポットをたくさん伝えますね!我が家の日常もUPします!

お手洗い事情☆ハワイ☆

f:id:hawaii881:20180830123527j:plain

場所も変われば、文化も言語も変わる。

それは、お手洗い事情も同じです。

 

ハワイ情報雑誌を見ても、ハワイ関連のブログを見ても、無いんですよね…お手洗い関連の記事が。

 

で、無いのなら書いてしまいましょう!

敢えて、タブーに挑みます!笑

 

ハワイだけでなく、アメリカの国がそうだと思うのですが、

自動販売機って、街中であまり見かけないですよね⁈

何故かって…盗まれるからです!

 

レンタカーも、車の中に物を置いて離れないこと!

何故かって…窓ガラスや扉を壊して、物を盗まれるからです!

 

ハワイ、アメリカの中では治安が良い方と思われているかもしれませんが、ハワイもアメリカ、銃社会でもあります。

 

話がちょっと逸れましたが、トイレも、備品を盗まれたり、壊されたりのトラブルがあり、犯罪の場所になり得ることから、🔑鍵がついている🔑場合があります。

 

その鍵を貸してもらわなくては、トイレにはいれません。

・Where is the toilet(トイレはどこですか?)

Is there a toilet(トイレはありますか?)

Please lend a toilet of the key(トイレの鍵を貸して下さい)

英語が苦手な方、英語を話すのに勇気がいる方

この、3つのフレーズを覚えれば、完璧です!

私は、英語が苦手なので、1番最初のフレーズを使います。

その時、鍵が必要であれば、渡してくれます。

 

そして、この鍵、ただの鍵じゃないんです。

鍵に、棒がついたり、ペットボトルがついていたり、大きな何かが付いているのです。

これも、鍵自体を盗まれないようにです。

 

大きな何かが、毎回密かに楽しみだったりします。

あっ!それと、お手洗いを出る時に、鍵を閉め忘れないで下さいね!

 

ホテルでは、ルームキーがないと入れない所もあります。

鍵を差し込む箇所があるドアやカードキーをかざす箇所があるドアでも開けられる場合があるので、試しに開けてみて下さい。

 

デパートや、商業施設などは、誰でも利用出来る所が、ほとんどなので、急にトイレが必要になった時は、困らないと思います。

ただ、観光地から離れると、トイレは、限られてきますので、どうしてもの場合、近くのお店で、上記のように尋ねてみて下さい。

 

また、誰もいない公園や海辺にあるお手洗いを利用するのは、あまりお勧めしません。

その理由は、改めてまた書きたいと思います。