ナルのハワイ徒然日記

ハワイ旅行を徒然と綴ります!ステーキ、スイーツ、現状、お気に入りスポットをたくさん伝えますね!我が家の日常もUPします!

9月3日の考え

月初めの月曜日、皆さんいかがお過ごしですか

お仕事帰りの方、これからお仕事の方、多くの環境下で頑張っている方々、お疲れ様です。

 

この記事を書くか、書かないか凄く迷いました。

でも、書くことに決めました。

それは、9月3日月曜日だからです。

私は、毎年この時期になると胸が痛みます。

 

皆さんは、二学期の初日に学生の自死が多くなることをご存知ですか?

 

何年か前からこの時期になると、何かと話題になります。

NHKも特番をするほどです。

 

本の学校では、型にはめる、協調性を重んじることを土台とした教育がなされています。

 

型にはめる…〇〇しなければならない、〇〇でなければならない、〇〇であるべき

一致団結や皆んなで何か一つのことを成し遂げる時には大きな力を発揮すると思います。

裏を返せば、型からはみ出る者は、色眼鏡で見られたり、仲間外れにされてしまったり

 

協調性…こちらも皆んなで何か一つのことをしたり、一つの目標に皆んなで協力し合って成し遂げ、絆や友情を深めたりできます。

こちらも裏を返せば、誰かが皆んなと同じ力を出せなかったり、非協力的なことをしたりすると、疎外されたり、排除しようとしたり

 

どちらも小さな社会や組織でのことなんですよね。

人間とおなじ物事にも、プラスの面とマイナスの面が存在します。

その物事の中心にいるのは、私たち人間です。

 

そして、私たちは、自分の中で作った価値観や当たり前、普通、常識を相手にも求めてしまう時があります。 

しかし、それは、あくまで自分中心です。

相手があっての人間関係

自分のこだわりや、核の部分は持つことは大事です。

もし、自分と異なる考えや気持ちをこの人は、そういう考えなんだ。そういう気持ちなんだ。

なるほど、そういう考えや思いもあるんだ。

と相手を否定したり批判ぜずに聞くことが出来れば、自分の中の価値観や常識、世界が広がると思います。

 

そして、自分のこだわりや核の部分を大事にすると書きましたが、これも難しい時があります。

組織の中で属していると、それが邪魔してしまう時もありますし、攻撃の対象になってしまう時もあります。

そんな自分の立場は、とても辛く、苦しいものです。

ここで大切なのは、あなたの人生は、誰かのものではなく、あなただけのものです!と言うことです。

自分を守ることは、自分の人生を守ることでもあります。

そのために逃げなくてはならないこともあります。

この逃げは、『善の逃げ』です。

今の時代、『学ぶこと』ができる場所は、たくさんあります。

情報化社会を利用して『学ぶこと』だってできます。

学校という組織だけが学びの場ではありません。

ただ、親は、自分が生きてきた、してきた道から子どもが外れるのは、心配ですし、不安です。

その気持ち、とても良くわかります。

しかし、子どもの人生は、親の人生ではありません。親は、子どもになれないし、子どもは、親になれません。

親は、子どもを産みましたが、親と子どもの人格、人生は別物です。

一緒にされたら、子どもが重いです。

重い荷物を背負わせたら、子どもは、自由に動けず、途中で疲れてしまったり、へこたれてしまったり、座って動けなくなってしまうかもしれません。

そうなってしまった子どもを見て、親は何を思うでしょうか?

 

子ども達には、『何を学ぶか?』の前に『どう生きたいのか?』を考え欲しいです。

そして、その声に親は、『どうしたら、子どもが生きたいように生きれるか?』を考え、見守り、寄り添い、時には、少し離れたり、見届けたり、手放したり、親にとっては、辛い時もあると思いますが、私は、そんな親でありたいと思います。

 

もし、子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたら、初めはどうしようと不安や心配な気持ちでいっぱいになると思います。

でも、「よく話してくれたね」と子どもに言いたいです。

そして、子どもと一緒に『子どもがどうしたいか、子どもにとって今のより良い場所とは、幸せとは何か』を考えていきたいと思います。

そのくらい、ドンと構えていたいですし、子どもが安心できる場所でいたいと思います。

 

"今が苦しくても、未来があるんだから"… 

子ども達は、『未来』を生きているんじゃないんです。『今』を生きているんです!

 

どうか、学校に行きたくない子ども達、学校に行けない子ども達が、自分の居場所、安心できる居場所を見つけて、1人でも多くの子ども達の生命が繋ぎ止められますように…

f:id:hawaii881:20180903230713j:image