ナルのハワイ徒然日記

ハワイ旅行を徒然と綴ります!ステーキ、スイーツ、現状、お気に入りスポットをたくさん伝えますね!我が家の日常もUPします!

アウトリガーリーフワイキキビーチホテル

jp.outrigger.com

夏ハワイ・2017で宿泊したホテルを紹介したいと思います。

 

去年と今年の「有吉の夏休みinハワイ」を見ていた方は、ご存知かと…そうなんです。

2年連続で泊まったホテルなんです。

 

f:id:hawaii881:20180907115427j:plainf:id:hawaii881:20180907115457j:plain

 

こちら、前回の春ハワイのとき、ウィンダムのバケーションレンタルの説明を受けた時に、来たホテルでして、その時に『次は、ここに泊まりたいね!』と話していたのです。

 

それが現実となりました!

リーフは、海沿いにあるホテルでして、ホテルから、直ぐに海に行けます。

 

この「海沿いのホテルやコンドミニアム」実は、貴重でして、今は、海沿いに建物を建てることが禁止されているので、建て直しする場合は、場所を変えなくてはならないため、古くても、リノベーションをしながら「海沿いのホテル」は美しさを保っているのです。

 

お部屋のグレードは、下記の通りです。

 

f:id:hawaii881:20180907115825j:plain

ここのホテルは、「ショアバード」(写真左)と「オーシャンハウス」(写真右)「カニ・カ・ピラ・グリル」の3つのレストランがあり、特に前者の2つのレストランは、海沿いということもあり、レストランから見える景色は、最高!の一言です。

 

f:id:hawaii881:20180907115914j:plainf:id:hawaii881:20180907115937j:plain

      

今は、リノベーションをし、お店の名前が変わっています。

 

スターバックスもありますし、雑貨のお店や時計や宝石、サングラスや絵画や写真などのアートのお店もあったり、コンビニのようなお店もあり、とても便利です。

 

地下には、コインランドリーもあり、ルームカードキーで入るようになっています。

コインランドリーで大変なのが、クウォーターと呼ばれる25セントが大量に要することです。

クレジットカードが使える所もありますが、この時は、現金のみでした。

 

リーフは、25セント無くても大丈夫です。

両替機があるのです!これ、無いのと有るのとでは、全然ちがいます!

ちなみに1ドル専用なので、1ドルは持っておきましょう。

洗濯機2ドル

乾燥機2ドル

4ドル必要になります。

 

プールもあり、豆型で可愛らしいです。

ここのプールは、何と海水を使っています!

広さは、広くはありませんが、浅い場所と深い場所があります。

浮き輪は、使用禁止です。

 

f:id:hawaii881:20180907120213j:plain

暖かいジャグジーもプールの豆型のへこみ部分にあり、奥に大人専用のスパジャグジーも2つあります。

スパジャグジーの近くにシャワーがあるので、そこで海から帰って来た時やプールから出た時に体を流す事ができます。

 

プール沿いに並んでいる椅子は、背もたれの角度が変えられ、ソファーのように座り心地が良かったです。

サイドテーブルがあるので、お食事を頼むこともできますが、食事を買ってきて、プールサイドで食べることも出来ます。

 

ナイトプールは、夜に灯る炎がステキな演出をしてくれ、プールもライトアップされ、「カニ・カ・ピラ・グリル」で毎日夜から始まる生演奏も相まって、最高の雰囲気です。

特に、子ども達が気に入り、おやつや夜ご飯もプールサイドで食べ、プールに21時まで入る。

という日本では、なかなかできない体験を楽しんでいました。

 

プールの利用は、朝の8時から夜の21時までです。

 

リーフは、その他に、宿泊者が体験できるアクティビティがあります。

アウトリガーカヌーに特別料金で体験できたり、バウリニューアルといって、夫婦が再び愛を誓い合う儀式をホテルの前の海辺で行います。

 

f:id:hawaii881:20180907121121j:plain

1時間に1本ですが、アウトリガー宿泊者専用のトロリーにも乗れます。

 

f:id:hawaii881:20180907120457j:plain

トロリーの時間やアクティビティの種類や時間などは、HPでご確認下さい。⬇︎

 

 

二階建てバスや他のトロリーのバス停もホテルから近いですし、ワイキキの中心部から離れるので、夜も静かです。

 

また、いつか宿泊したい、おススメのホテルです。