ナルのハワイ徒然日記

ハワイ旅行を徒然と綴ります!ステーキ、スイーツ、現状、お気に入りスポットをたくさん伝えますね!我が家の日常もUPします!

子どもたちが喜ぶ鶏ムネ肉の揚げ焼き。

おかずHONUです。

 

我が家は、鶏ムネ肉が大好きです。

子どもってもも肉のほうが柔らかくてジューシーだから食べるのかなと思っていました。

以前はもも肉を買っていましたが、子どもたちからは、

「ぐにゃぐにゃして食べたくない。牛肉がいい。」

とのこと。

 

...(°▽°)(牛肉は、毎日は無理だよ〜)

 

ならばムネ肉を食べやすくしようと試行錯誤しました。ムネ肉は、そのまま調理するとパサパサになるので子どもに食べやすいようどのようにしたらいいのか、調べました。

 

調べたら、鶏ムネ肉の柔らかくする方法

安い鶏胸肉を柔らかくする方法!唐揚げ照り焼きにも使える下ごしらえ | コタローの日常喫茶

参考にさせていただきました。

 

近所のスーパーで鳥ムネ肉がとてもお買い得に買えます。

 

唐揚げですとコンロの周りを掃除するのが面倒ですよね。

少ない油でじっくり焼いていくやり方で調理します。

 

具材

鳥ムネ肉、生姜、みそ+調味料

 

作り方

1.鳥ムネ肉を解凍する。

1.2すりおろし生姜を作る。

2.ムネ肉を食べやすい大きさにカットし、包丁で細かく切り込みを入れる。(フォークでブスブス刺してもOKです。)

3.砂糖、塩、酒、水、醤油、みそを入れムネ肉を入れる。

4.2分ほどよく揉み込み、冷蔵庫に2時間くらい漬け込む。

6.ムネ肉を取り出し水気を取る。

7.片栗粉、小麦粉2:8の割合で水溶き粉を作る。

8.フライパンに40cc入れ加熱する。

f:id:hawaii881:20180930134550j:image

9.ムネ肉に7.の粉をつけ隙間なく詰める。

10.焼き面がキツネ色がついたら裏返していく。

11.両面焼き色が付いたら、鶏肉を取り出す。

12.盛りつけたら完成です。

f:id:hawaii881:20180930134612j:image

いただきます!!

 

ムネ肉に味がついていますのでそのままいけます。

3.は鳥ムネ肉は、水分が抜けやすいようで焼いたり煮ると締まってしまいます。この方法で試すと噛んだ後の食感が柔らかくジューシーに仕上がります。

 

揚げ焼きにすることで揚げるよりさっぱりしていますし、コンロの掃除も負担が少ないですよ。

 

少々手間はかかりますが癖のないムネ肉ですし、おかずには最適です。

 

是非お試しくださいね。

 

This is side dish HONU.
 
Our house loves chicken breast meat.
Because children are soft and juicy, I thought they would eat it.
I used to buy a meat before, but from the children,
"I do not want to eat and eat beef."
And that.
 
. . . (° ▽ °) (Beef is impossible every day ~)
 
So tried and error tried to make meat easier to eat. I tried to find out how to do it as it makes it easier for children to eat as it becomes Pasapatha when cooking as it is.
 
How to make soft chicken meat meat after examination
安い鶏胸肉を柔らかくする方法!唐揚げ照り焼きにも使える下ごしらえ | コタローの日常喫茶
I was allowed to reference.
 
You can buy chicken meat at a supermarket in the neighborhood very affordably.
 
It is troublesome to clean around the stove when deep-fried.
I cook it in a way to burn slowly with less oil.
 
Ingredient
Chicken meat, ginger, miso + seasoning
 
How to make
1. Thaw chicken meat.
1.2 Make ginger with grated.
2. Cut the fish meat easy to eat, and make a small cut with a kitchen knife. (It is OK even if you prick busbus with a fork.)
3. Add sugar, salt, sake, water, soy sauce, miso and buckwheat meat.
4.2 minutes in about rubbing, soak in the refrigerator for about 2 hours.
6. Take out the meat and take the water out.
7. Make a powder made of potato starch, wheat flour at a ratio of 2: 8.
8. Add 40 cc in a frying pan and heat it


9. Put 7 meat of meat in a meat and pack it without any space.
10.When the baked fruit gets foxed in color it turns inside out.
11. Take out the chicken with double-sided gray.
12. Completion is completed.
Let us eat !
 
Because the taste of meat is attached, you can go straight.
3. The chicken breast meat seems easy to escape moisture, so it will be tightened if it is baked or boiled. Trying this way will make your texture chewy soft and juicy.
 
It is more refreshing than frying by fried grilling, and the burden of cleaning the stove is less burdensome.
 
It takes a bit of effort, but it is a peculiar Mune meat and is ideal for side dishes.
 
Please try by all means.