ナルのハワイ徒然日記

ハワイ旅行を徒然と綴ります!ステーキ、スイーツ、現状、お気に入りスポットをたくさん伝えますね!我が家の日常もUPします!

油揚げで美味しさ倍増!!HONU流ちゃんこ鍋を作ります。

おかずHONUです。

 

これからの寒くなる季節に高ローテーションな料理を作ります!

 

いつもナルの徒然日記を毎回読んで下さり、ありがとうございます。

☆もたくさんいただいており励みになっています。

今後もハワイ、おかず、お出かけなどお伝えし、読者さんに楽しんでいただけるよう精進します!

 

さて今回は、HONU流ちゃんこ鍋  です。

f:id:hawaii881:20181013095438p:image

なにかと揺れている相撲界とは違いますが、便乗いたします(笑)。

 

本場のちゃんこ鍋は、鶏肉や魚介からの出汁ベースと聞きますが、我が家流の今回は、野菜の出汁、豚肉の出汁を最大限に活用し作っていきたいです。

 

我が家流ですので正しい調理とは違うところもありツッコミがたくさんあると思いますが家庭用として参照ください!!

 

 

材料

豚肉切り落とし、人参、サトイモ、キャベツ、大根、玉ねぎ、こんにゃく、ごぼう、にんにく、生姜、油揚げ、みそ、酒、しょうゆ、塩

 

作り方

 

1.具材を切る。今回は、切り方も書きます。

キャベツは大きめざく切りに。

大根は、いちょう切りに。

サトイモ、にんじんは、輪切りにする。

こぼうは、ささがき。

にんにく、生姜はすりおろしに。

こんにゃくは、フォークで刺し穴を開け、手で食べやすい大きさにちぎる。

豚肉は、細かく切る。

油揚げは、細長く切る。

2.鍋に油を引く。

3.にんにく、生姜すりおろしを投入し点火する。

4.鍋に油揚げ→ごぼう→にんじん→玉ねぎ→大根→サトイモ→キャベツの順に重ねて蓋をする。

f:id:hawaii881:20181013095453j:image

5.加熱すると油揚げの香ばしい香りがします。くつくつと水分が出てくることを確認したら水を鍋の半分くらい入れ煮込む。

6.鍋のお湯が野菜と同じ高さになったら豚肉細切れを入れる。(初めから入れると硬くなるのでこのタイミングで入れます。)

7.灰汁をとる。

泡のような灰汁が出るので綺麗に取り除く。

火の通った豚肉通しがくっついているので箸で切り離す。

8.味付けをする。

しょうゆ、みりん、塩、酒を入れて20分煮込む。

9.味噌を最後に入れて味を調える。

味の濃さは、お好みです。

 

20分〜30分煮込んで完成!!

f:id:hawaii881:20181013095539j:image

サトイモが柔らかくて崩れるくらいが、私は好みです。

 

七味をかけていただきます。

いただきます!!

f:id:hawaii881:20181013095547j:image

油揚げ、ごぼうをはじめに入れて炒めています。はじめに水を入れず加熱するので油揚げ、ごぼうの香ばしさがより増します。

こんにゃくは、穴を開ける事で味が中に入って染みていて美味しいです。

 

味噌、にんにく、しょうがも多めに入っていますのであったかご飯に濃いめの味付けがそそります。子供たちも3杯おかわりするほどの好評でした。 

油揚げとサトイモが美味しかったそうです。

 

野菜の水分を利用して作りました。キャベツは、水分をたくさん含んでいるので鍋に蓋をして加熱することで鍋の3割ほど水分が出ます。

 

調理は、切って順番に入れるだけなのでスーパーに売っているカット野菜でもお手軽にできます。

 

今日の夜ご飯にいかがですか。

 

いつも読んでいただきありがとうございました!よい週末を!!

 

This is side dish HONU.
 
We will make high rotation dishes in the coming season of cold weather!
 
Thank you for always reading Naru 's diary diary every time.
☆ We have received lots of encouragement as well.
We will continue to tell you about Hawaii, side dishes, go out and so on, we will devote ourselves to making readers enjoy it!
 
Well this time, this is HONU Stream Chanko Nabe.
 
It is different from something and the tremor in the sumo world, but I will piggyback (laugh).
 
I will hear that the authentic Chanko Pot is the soup stock base from chicken meat and seafood, but this time in my home style I would like to make use of the soup of vegetables and the soup of pork to the maximum.
 
Since it is our home style, there are also places that are different from the correct cooking and I think there are lots of tsukkomi but please refer to it for home use! !
 
 
material

Pork cut-off, carrot, taro, cabbage, radish, onion, konjac, burdock, garlic, ginger, fried tofu, miso sake, soy sauce, salt
 
How to make

 
1. Cut the ingredients. I will also write how to cut.
Cabbage in large sausage.
Daikon is shredded.
Turn the taro, the carrot.
Buddha, Scribble.
Garlic and ginger in grated condition.
Konnyaku pierce a hole with a fork and cut it into a size easy to eat by hand.
Pork is cut into small pieces.
Cut the fried tofu, slender.
2. Draw oil in the pan.
3. Throw garlic and ginger grated ginger and ignite.
4. Dry fried in a pan → burdock → carrots → onions → radish → taro → cabbage and lay it in order.
5. When heated, it smells fragrant fried. After confirming that moisture comes out slowly, boil water to about half of the pot.
6. When the hot water in the pot is at the same height as the vegetable, put the pork shredded. (Since it will be hard when you start from the beginning, you can enter at this timing.)
7. Take the lye.
Ash comes out like bubbles, so remove it cleanly.
Cut the chicken with chopsticks as it passes through the fire-cut pork threaders.
8. Season the product.
Boil soy sauce, mirin, salt, drink and simmer for 20 minutes.
9. Add miso at the end and prepare the taste.
The taste intensity is your choice.
 
Complete by boiling 20 minutes to 30 minutes! !
 
I like taro but it is soft and crumbling.
 
I will put on a seasoning.
Let us eat !
 
Fried and fried, burdock is first introduced. Introduction Because it heats without adding water, it is fried and fried burdock is more fragrant.
Konyaku is delicious as the taste stains inside by puncturing a hole.
 
Miso, garlic and ginger are also included in a large amount so rice is served with a thick seasoning.
 
Children were likable enough to go for 3 cups.
It is said that fried tofu and taro were delicious.
 
I made it using vegetable moisture. Cabbage contains a lot of moisture, so covering the pan and heating it will cause about 30% of the water in the pan.
 
Cooking can only be cut and put in order so you can easily cut vegetables selling to supermarkets.
 
Would you like to have dinner tonight?
 
Thank you for always reading! Have a nice weekend! !