徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の結婚、出産、子育て、転職など人生の出来事。私たちは、より良い転職をしたことで大好きなハワイに行くことができます。私たちの経験を皆さんに伝えてより良い人生に進めるよう体験談を伝えます。

ハワイ【テディーズ・ビガーバーガー】 出来立て肉汁たっぷりのハワイで人気のハンバーガーの注文の仕方


日本でも店舗がある、【テディーズビガーバーガー】人気ですよね。

ハワイに来たら多くの人が、このハンバーガ店に足を運ぶのではないでしょうか。

初めて、【テディーズビガーバーガー】に行かれる方は、注文の仕方が、日本とはちょっと違ったりして、戸惑うのではないでしょうか。実際に、そのような方をちょこちょこ見ます。

そこで、注文の仕方や流れなどを説明します。お役に立ったら幸いです。では、始めます!

f:id:hawaii881:20190329102531j:plain 

ポップでカラフルな店内

 

☆【テディーズビガーバーガー】のコンボについて

 

いきなり、『コンボ』について。と言われても何のことだか?!そうですよね、今は日本でも個人店でハンバーガーを売るお店が多くなってきたので、もしかしたら聞いたことがある方もいるかもしれませんが、『コンボ』とは、日本でいうと“セット”のことです。ドリンクとフライドポテトとハンバーガーのセットです。

ただ、この【テディーズビガーバーガー】の『コンボ』を注文する際に、日本と違うところは、ハンバーガーのサイズを選ぶことが必要になってきます。ここで、サイズの違いについて説明しますね。

・【テディーズビガーバーガー】ハンバーガーのサイズの違いは⁈

ハンバーガーのサイズの違いは、バンスの大きさでもパテの大きさでも、具の量でもないんです。【テディーズビガーバーガー】のハンバーガーは、どのサイズにおいても、パテとバンズの大きさは変わらないんです。じゃあ、何が違うのか。それは“パテの枚数が大きさによって異なる”ということです。

【テディーズビガーバーガー】では、3種類のサイズがあります。『ビッグ』『ビガー』『ビゲスト』の3種類です。では、それぞれのパテの枚数の違いですが

  • 『ビッグ』...1枚 (約142g)
  • 『ビガー』...2枚 (約198g)
  • 『ビゲスト』...3枚 (約255g)

となります。自分のお腹と相談して決めるようにしましょう。注文するときは、「○○(バーガーの種類)コンボ、○○(3種類のサイズ)プリーズ」と言えば注文は完了です!

☆【テディーズビガーバーガー】で注文するにあたって

場所が変われば、文化もすたいるも違いますよね!だからこそ戸惑ってしまうことってありますよね。注文したあとのことを説明します。

・飲み物について

【テディーズビガーバーガー】では、『コンボ』や『単品』でドリンクを頼んだ時に、空の紙コップを渡されます。なので、ジュースバーで自分の飲みたい飲み物を入れます。ハワイでは、レストラン以外では、このように自分で好きな飲み物をジューススタンドで入れるというスタイルが多いです。また、日本と違うのがお代わりができることです。その時に、前に飲んだものと違う種類の飲み物をお代わりしても大丈夫なんです!好きなだけ好きな飲み物をどうぞ!

・注文から出来上がりまで

【テディーズビガーバーガー】は、日本のように注文したものが事前に用意されていて出てくるわけではないので、持ち帰りもイートインも注文した商品がすぐに手元に届かないんです。なぜなら、商品を注文してからパテを焼くからです。だから、ポテトはカリカリ熱々で、パテから肉汁が滴れ落ちるあの美味しいテディーズビガーバーガーのハンバーガーが食べられるんです。なので、番号札を持って気長に待ちましょう。

先に、飲み物は渡されるので、飲み物を飲みながら、店内にあるフリーペーパーを眺めながら過ごしているとすぐに番号が呼ばれますよ!

☆【テディーズビガーバーガー】のこだわりがすごい!

f:id:hawaii881:20190329103500j:plain

“ビゲスト”サイズのコンボ

【テディーズビガーバーガー】は、材料やソースなどのこだわりが凄いんです!口に入り、私たちの身体を作ることを考え作っています。【テディーズビガーバーガー】のこだわりを知ったら、もうジャンクフードなんて言えなくなるかもしれません!

・バンズ…カビ止め、防腐剤、保存料を使わず、パテに合う柔らかさ、そして焼き具合にもこだわり焼いています。

・パテ…アメリカビーフ100%、ジューシーな肉質とハンバーガーに合う部位である肩の部分を使用。また、ステーキにも使用される“ミスジ”という部位も惜しげもなく入っています。そうすることで、テディーズならではの、あの肉汁たっぷりのパテが出来上がるのです。

・パテにかけるシーズニング…テディーズのハンバーガーのパテに合う厳選された15種類のハーブや香辛料を使ったテディーズオリジナルのシーズニングを使っています。

・スーパーソース…マスタード色をしたソースで創業時から変わらない製法で受け継がれているテディーズオリジナルソースです。

・テリヤキソース…2日間かけて仕込むソースは、適度な甘みとうまみが凝縮されたテディーズオリジナルソースです。

・野菜…多くの国で店舗を持つテディーズですが、鮮度を大切にするということから、各店舗(国や地域)ごとに仕入れ先を変え提供しています。

☆ハワイ・オアフ島で穴場の【テディーズビガーバーガー】はどこなの

テディーズビガーバーガーはオアフ島に12店舗あります。いつも一番込んでいるのは、やはりワイキキ店です。観光客も多いので、もちろん日本人も多いです。店内に並んでいるほとんどが日本人だった時もあるほどです。ワイキキ店は、ランチの時間とディナーの時間より遅いか、早くに行けば、それほど店内が混雑することはありませんが、やはりワイキキだけあって、人気店舗ではないでしょうか。そこで、観光地だけれど穴場の【テディーズビガーバーガー】の店舗を紹介します。

・カイルア店

今や、ワイキキの次に人が多いのでは⁈と思うほど、毎年、人々が多くなっているカイルア。日本人も最近、多く見かけるようになりました。店内は、そんなに広い感じではないですが、カイルアショッピングセンターの隣で駐車場も広いので、レンタカーで来ても余裕で停められます。立地は良いですよ!ほかにも飲食店が並んでいますが、建物に向かって、一番左のお店が【テディーズビガーバーガー】のカイルア店になります。

 せっかく、カイルアに来たのだから、我が家は店内では食べません!そうです!“TO GO”します!ドリンクはたっぷり入れてくださいね!そして、そのままカイルアへゴー!!そしてランチをカイルアビーチで食べます。たまらなく贅沢なランチになります。ぜひ、お試しあれ!!

・カピオラニ店

カピオラニ店と聞いて、ピンとこない方もいるのでは?!一番分かりやすいのが、ハワイのドン・キホーテに近く。と言えば、何んとなく分かる方もいるのではないでしょうか。日本人観光客の多くの人が、お土産を買いに行くドン・キホーテ。そこから、歩いて5分くらいでしょうか。なので、日本人も多いです。駐車場も広いので、もし混んでいても停められます。ただ、道路事情で、ドンキから車で行く場合、すぐそこなのに、わざわざ遠回りしないと行けないのであしからず...。歩いて行った方が早いかもしれません。ドンキの買い物帰りにおすすめの店舗です。

 

どの店舗でも、スタッフの対応は親切です。もし分からなくても、身振り手振りで丁寧に教えてくれます。なので、ご安心を...。【テディーズビガーバーガー】は、どこの店舗も店内は、ポップでオシャレです。日本にはない雰囲気と、素材やソース、野菜までテディーズのこだわりがたくさん詰まったハンバーガを是非ハワイに訪れた際は、立ち寄って食べてみて下さいね。