徒然ナルの子育てとハワイ

前に向かって歩んでいます。ハワイが大好きになって20年!! いろんなハワイをお届けします!

ハワイでレンタカーを借りるメリット 5つ!

海外

ナルです。

今、訪問外国人の方がレンタカーを借りて日本人でも知らないようなマイナーなスポットに行くのが流行っているみたいですね。日本でも車を借りる人が増えているそうです。


私も、ハワイ旅行するときは、必ずレンタカーを借ります。

運転免許をお持ちの方は、ぜひぜひハワイでレンタカーライフにトライして頂きたいと思います。


私たち家族がハワイでレンタカーを借りて感じた率直な感想を徒然と綴ります。

のんびりした気持ちで2分くらいで読めるのでナルにお付き合いください。

 

☆ハワイで車を借りるメリット

1.素直に便利だし運転したいから

ハワイで運転する魅力は何といっても、景色と運転のしやすさです。

 

道幅は広いですし、日本の道路と違って、ごちゃごちゃしていないんです。

ストレスフリーで気持ちよく運転できます。そして、運転席からの景色!日本の沖縄とは、同じ南国でも違うんです! 

空の高さに驚き、海は、場所によりコバルトブルーの海景色や白い砂浜とターコイズブルー、綺麗の一言。

 

そして海のイメージの強いハワイですが意外に山も多いんですよ。
オアフ島ならがマノアおすすめ。トレイルと呼ばれるハイキングのようなことも人気がでています。

 

その中で窓をフルに開けて(手足は絶対に出さないでくださいね!!)ドライブすること。。。   最高です!!

また、ショッピングするならば、絶対に車です!

なぜなら、お土産を買うたびに荷物も増えますし、買ったものを持ちながら移動は、大変ですよね。

また、ワイキキから離れた、車でしか行けないようなレストラン(ダイナー)にいくのも面白いですよ。

2.移動が便利でプライベートの確保もできる。

ホノルル国際空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)に着いたらホテルや観光スポットまで移動手段は、どうされますか?

ホテルまで貸し切りで直行できるバスまたはリムジン、乗り合いの送迎バス、タクシーなどあります。

 

が!我が家は、断然空港から直に『レンタカー』派です。

その理由は、レンタカーを借りる場合、到着ロビーから空港内にレンタカー案内所まで3分ほど歩いて移動するだけ。(会社にによって無料送迎で営業所まで送迎してくれます。所要時間は約5分です。)

 

トランクケースも車に積んで、そのままご飯を食べに行ったり、お買い物をしに行け、一日目から動くことができるので、有意義な時を過ごせます。

限られた時間、プライベート空間を確保することは大切だと思います。

また、滞在中の昼間は、ほとんど外に出っ放し。

子ども連れ、特に小さなお子さんがいる方は、車という『プライベートの空間』は、ぐずってしまったり、寝てしまった時、道中、具合が悪くなってしまった時などに助かります。
だから、プライベートな空間は、大切だと思います。

3.時間の拘束のないし、行けたいところに行ける。

 

ハワイといえば、ホノルルがすごく有名ですが、オアフ島だけでもいろんな魅力のある地域があります。空港を中心として東西南北、車ならば1時間半前後で移動できます。

 

この距離が絶妙なんです。遠すぎず、近すぎずで、ドライブするのに疲れない距離でなんです。気分の向いた時間に出発し、好きな時間に行きたい場所に移動し、戻りたくなったら好きな時間に戻る。

 

途中で立ち寄れる名所、レストランなど自分だけしかわからないいろんなハワイを“自分の自由プラン”で楽しむことができます。

4.ハワイの価値で考えるとリーズナブル(考え方ですが、、、)。

 

たとえば、空港からホノルルまでタクシーで行くと、片道3,500円往復7,000円、空港からオプションで送迎を予約しても一人5,000円前後かかります。

 

レンタカーの場合人数、滞在日数、車の大きさ、車種にもよりますが1日4,000円~借りることができます。

人数が多くなればなるほど、割安感は増しますよね。

私の場合、家族6人で行っていたので8人乗りのミニバンサイズを借りました。5泊7日で行きましたので40,000円でした

5泊7日で5日間ハワイにいたとして、1日8,000円でした。

日本でミニバンを借りると格安レンタカーを除くと1日14,000円~17,000円ほどになってますね。そう考えると割安です。

 

以上の物を考えると、空港間の移動のみで7,000円使うのならば、景色を感じつつ、いろんなところに行けることを考えれば、価値は存分にあるのかな。と私は思います。

せっかくハワイにいるのだから、車を借りるのも一つの選択肢です。
ちなみに1週間借りると、とっても安くなります

5日目の金額と1週間の金額が逆転することもあるのでよくよく確認ください。(できれば長期がおすすめ!!)


5.車種がいっぱいある!!

ハワイに来たのだから日本で乗れない車種があります。オープンカー、高級外車あります。

 

オフロード用のSUVも日本で乗れないような車も選ぶことができます。

海外での運転を楽しみたい方は、オープンカーやSUV(ジープなど)をぜひ挑戦してください。

我が家は、以前4人で行ったときに5人乗りのミドルクラスを予約したら日産ノートになりました。

日本でいつも乗っている左乗り仕様でしたのでちょっと拍子抜けでした。。。慣れているので乗りやすかったんですけどね。さすが日本車!と思いましたけどね。

海外で日本車、左ハンドルを運転するのも悪くないですよ。

 

上記の5つが、正直な感想です。

初めての運転は、緊張しましたが、慣れてしまえば、レンタカー無しのハワイ滞在は今はもうできません!そのくらい、ハワイでの運転とドライブは魅力があります。

最大限にハワイ滞在を楽しむためにも、我が家にとって、車は欠かせない存在です。

ぜひ、この記事を読まれた機会に、ハワイに行かれる方はレンタカーを借りてみて下さい!ハワイの魅力が広がりますよ‼

 

★【ハワイで車をレンタル】の詳細はこちら 

 

☆おすすめの【レンタカー会社】はここ!

 

まず、レンタカーを借りるうえで現地でも当日借りることもできますが、おすすめは、日本でレンタル予約をしておくこと。

海外のレンタカー予約、初めての方は、どこのレンタカー会社が良いのかわからないですよね。

リピーターも、レンタリースのコースや値段、営業スタイルに満足、納得いかなくても、違うレンタカー会社にするのも気が引けてしまったり、今更どこの会社にしても同じ。と思っている方。

せっかくの海外旅行、時間と金額を出して車を借りるのであれば、納得いくプランで、節約できて浮いたお金で少しの贅沢や、楽しい思い出作りをしませんか?

そのために大切なのが、『レンタカー会社を比較することです!』

色々な比較サイトの中から私がいつもお世話になっているサイトがあります。

今回、ぜひ紹介させてください!

 

それが、【ドライバーズカーズ】という『レンタカー会社比較サイト』です。

こちらのサイトの魅力は、10社以上のレンタカー会社から、レンタルする希望日時だけでなくプランまで指定でき、ワンクリックで素早く比較検索できます。

 

しかも、クラスごとに表示されるので見やすい!のです。

比較検索で大事なことは、ワンクリックでスピーディーに結果がわかり、かつ見やすいことです。これら3点を叶えてくれる『レンタカー会社比較サイト』が【ドライバーズカーズ】です。

 我が家は、このサイトに毎回お世話になっています。

私がこちらのレンタカー比較サイトをおすすめす理由は、ハワイでのレンタカー会社は、10社以上あります。大手で5社ほど。これを、個人で決めるとなると大変です。

 

その上、各社、車のラインナップも違えばランク分けも若干ことなる場合があります。割引率も会社によって差がありますので、比較する事をおすすめします。

自分のお気に入りの会社で比較もできます。

 

例えば、我が家の場合、『日本で予約でき、長期滞在は、割引率が高いこと。』『禁煙車なのでたばこを吸わない方はよいこと。』『きれいに掃除された車を準備していること。』の3点を満たしてくれるハーツ、アラモレンタカーを利用しています。

 

また、お子さんのいる方は、チャイルドシート、ジュニアシート貸出も無料だったり、オプションだったり各社で異なります。

レンタル料金が安くてもオプションで高くつく場合もあります。ご注意ください。

☞最安値海外レンタカーを30秒で比較&予約のレンティングカーズ覗いてみて下さい。

 

☆『楽しいドライブ』でも注意したいこと5つ。

 

1.レンタカーの受け渡し、どこ借りるのか


レンタカーを借りるうえで、空港から借りるか、宿泊先の近くで借りるのか大切です。空港から借りる場合は、営業所が空港にありますので帰国日まで借りればよいのですが、1~2日レンタルの場合は、宿泊場所から近いところにあるレンタカー会社をおすすめします。なぜなら、返す時の時間もありますので場所が遠いとなにかと不便です。

2.保険内容とヘルプデスクの日本語対応は、絶対に確認。

ハワイ滞在中に事故、トラブルは、0とは、限りません。

万が一事故、トラブルが起った時に必ず頼りになるのが自動車保険です。

  

万が一に備えて保険内容は必ず確認し、外国サイトの予約であれば補償の用語を調べてください。

 

日本語サイトがあれば、内容確認し保険なども全て入っている『フルパッケージ』の内容を選ぶのが無難です。


また、事故が起こった際に日本語が通じる会社を選ぶことも大切です。

事故発生時、真っ先にヘルプデスクに連絡すると思います。

 

その際に英語で言われても、発生時気が動転していて、焦ってしまいますので、日本語対応デスクがあるのも選択の1つです。


3.交通法規を絶対に守ろう。

ハワイは、海外のなかでは、運転がしやすいと言われているそうです。

 

道幅は広いですし、信号も少ない、目的地(観光地まで)一本道が多いなど運転には優しいと感じています。朝、夕の渋滞は、尋常ではないのでご注意を、、、。


ただ、ハワイは、アメリカで右側通行です。
自国の交通法規があります。

 

ハワイではすべての座席でシートベルトの着用が義務付けされています。
のお子さんが4歳未満チャイルドシートの使用することも忘れずに。


また私が、今でも戸惑うのは、右折するとき。
信号は、赤信号ですが、『右折してよい』です。
場所により標識で右折できないところもあります。


これには、ヒヤヒヤしました。信号赤なのに渡っていいの?ってなります。

 

慣れてしまえばなんてことないのですが、、、。逆に帰国して空港から車に乗る場合が一番ドキドキします。真逆ですから(笑)。

 

4.日本の免許証を忘れずに。

 

現地では、日本の運転免許証で運転できます。
ただし、21歳以上ですので気を付けてください。


ただ、事故、トラブルの際に日本の免許証を見せても???になってしますので
パスポート携帯しておいたほうが無難です。くれぐれも紛失にはご注意を。

 

5.オープンカー、高級外車も注意。車上荒らし、置き引きは、必ずあります。

重ねて言いますが、ハワイは、アメリカです。
いくら、アメリカで一番治安の良い州といわれていても外国です。

レンタカーは、外観でわかります。

 

ましてや日本人は、お金持ちとみられることが多いらしく、
レンタカー+高級車となったら格好の獲物です。

 

観光地や食事など車から離れる際には、荷物やバッグを置きっぱなしにしないで下さい。

車上荒らしの被害者は日本人が多いです。

被害者の共通点は、バッグを席に置いたままの外出です。

スマホの充電コードだけで荒らされた人も聞きました。

 

車内に荷物は、置かないこと!!

 

日本ではないことを、意識することが大事です。

 


以上ハワイで運転すること、ビクビクしなくて全然大丈夫です!!

ハワイは、譲り合いの精神があるのか、危険な運転している方が少ないと感じます。

横断歩道に人が待っていたら車が止まって先に人を通します。

 

ゆったりとした気分でハワイの街並みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

絶対にレンタカーでハワイを満喫、おすすめです。

 

下線にて一度覗いてみてください。簡単ですよ。

 

 

 ★【ハワイで車をレンタル】の詳細はこちら 

 

以前のハワイに関する情報はこちら👇

 

www.naluhonu-hawaii.com

 

 

www.naluhonu-hawaii.com