徒然ナルの子育てとハワイ

前に向かって歩んでいます。ハワイが大好きになって20年!! いろんなハワイをお届けします!

【海外旅行】ならツアーやパック、航空券の【JTB】がハワイに強い訳!!

海外

10連休のG.Wが迫っていますね。

今年は、長期休暇になるため、国内旅行より、海外旅行の需要が高まるのではないか。と予想されています。

既に計画を立てている方もいると思います。

今回は、【海外旅行】でも人気が高い【ハワイ旅行】を計画している方に、ハワイといえば【JTB】での予約をおすすめします。

 

なぜなら、【JTB】は【ハワイ】に強い!からです。

 

【ハワイ】に強い旅行会社はいくつかあるのですが、今回は【JTB】をご紹介します。

f:id:hawaii881:20190206134001j:plain

 

☆【JTB・ハワイ】でのサービス4つ

・【JTB】サポートデスクがあること

海外の旅先、言葉が通じない、何かあった時にどこに、誰に相談、問い合わせすれば良いかわからない。などいろいろ心配ですよね。

しかも、初めての場所ならなおさら...。

そんな心配はご無用!

【JTB】なら『サポートデスク』での案内やサービスが充実しています。

現地在住の日本人スタッフが常駐しています。

そのため、“日本語”で話せるので、海外にいても言語のストレスはありません。

また、滞在中の案内や帰国日のお迎えや手続きの案内をしてくれます。

それだけではなく、滞在中、快適に楽しく過ごせるように、オプショナルツアーの申し込みと支払いが『サポートデスク』でできます。

予約に至っては、スパ、エステ、ゴルフ、レストランをスタッフが代わりに予約をしてくれるので、予約をしたいけれど、電話の掛け方が分からない、どのような方法で予約をすればいいのか分からない。しかも英語が話せない。といった心配もしなくて良いんです!

これは、助かりますよね!

また、インターネットサービスがあるので、何かを調べたいときに役立ちます。

両替サービスもあるので、日本で両替(9時から15時)をし忘れたときでも慌てないで済みます。

そして、大きな荷物を持って、ホテルのチェックインの時間まで待つのって大変ですよね。

そんな時は、『サポートデスク』で『一時荷物預かり』(8時から15時)ができます。

また、ホテルによっては、『サポートデスク』でチェックインができるんです!

至れり尽くせりですよね!

また、貸出サービスも充実していて、ベビーバギー、Wi-Fiルーター、スマホWi-Fi、オリオリフォンを貸してくれるんです。これは、便利ですし滞在中は、かなり助かるアイテムではないでしょうか。

また、『サポートデスク』はサポートだけではなく、お土産も購入できるので、買い忘れや何をお土産に買っていけばよいのか悩んでいる方やお土産選びに時間を割きたくない方には良いですね。

『サポートデスク』は『アラモアナショッピングセンター』エヴァウイング(西側)1階海側にあります。

 

また、『サポートデスク』ほどではありませんが、“ヒルトンハワイアンビレッジ(ダイヤモンドヘッドタワー1階)”と“シェラトンワイキキホテル(正面玄関1階)”と“ハイアットリージェンシーホテル(2階)”そして“アロヒラニリゾートワイキキビーチホテル(1階)”の4か所に『オリオリプラザ』(8時から18時)があり、ここではオプショナルツアーの予約と支払い、オリオリ各種アクティビティの予約、お得なグルメクーポンの購入、レストラン、スパ、エステ、ゴルフの予約、それに滞在中の相談、帰国日の案内、相談もできるので、何かあったり、不安なこと心配事がすぐに“日本語”で相談できるので、安心して旅行を楽しめますよね。

また、この4か所の『オリオリプラザ』は、Wi-Fiがあるので、ルーターの容量を気にせずスマホを使えます。

 

この他にも、電話で24時間相談できる『オリオリインフォメーションセンター』があり、何かあった時にホテルの部屋から直通内線番号でいつでもお問い合わせできます。

もちろん、“通話料無料”で“日本語対応”です。

だだし、20時から6時までは、緊急電話対応となり、レストラン、アクティビティ、オプショナルツアー、お土産の予約はできないので気をつけてくださいね。

デスクやサポートの詳しい内容はこちら☞クリック

 

・らくなびサポートがある

『らくなびサポート』とは、出発前の不安や悩み、例えば、小さな子供がいるので、現地、ホテルで受けられるサービスや情報を知りたい。車いすを必要とするので、車いすでも入店できるレストランなど知りたい。また、ホテルでのサービスやバリアフリーの部屋があるのか。など滞在中の心配を、ハワイに行く前に事前に準備できるよう“サポート”してくれます。

初めての方や、初めての家族連れの方の場合、事前に旅先での不安や心配を解消できることは、有難いですし、思いっきり楽しめるのではないでしょうか。

また、現地の気候や最近の天気、滞在中のイベントなども、質問することができます。

回答は、現地の日本人スタッフが丁寧に答えてくれます。

らくなび情報はこちらから☞JTBのハワイツアーなら滞在中も徹底サポート!ご予約

 

・『ホテルラウンジ』が利用できる

 モアナサーフライダー、シェラトンワイキキ、ヒルトンハワイアンビレッジ、ハイアットリージェンシー、ロイヤルハワイアンホテルの5つのホテルのみになりますが、【ルアナラウンジ】という【JTB利用者で指定のホテル宿泊者のみが利用できる】ラウンジが利用できます。

 

このラウンジは、飲み物やWi-Fiが利用や日本語新聞もありますし、インターネットサービスもあります。

また、待ち合わせ場所としても使えるので、ショッピングの休憩や一日の疲れをいやしに滞在中は利用することができます。

コンシェルジュが在中しているので、いろいろな質問やハワイでの情報を聞くことができます。

また、立地も良いので、ゆっくりラウンジで過ごせることも魅力です。

 

ラウンジからの景色も絶景ですが、ここでの最大のサービスが朝食の提供です。

ホテルの朝食ブッフェほどではないですが、朝食でしたら十分かと思います。

特に、小さなお子さんがいる方は、朝ラウンジでゆっくり朝食を食べてからスタートするのも良いですよね!

また、ハワイではおつまみのことを“ププ”というのですが、その“ププ”の提供があり、しかも、ビールとワインも提供されるんです。

お酒を飲まなくても、ハワイには、美味しいお店が多いので、昼間につい食べ過ぎて、夜軽く食べたい方は、夕日に染まる海を眺めながら、“ププ”を食べるのも良いかもしれませんね。

 

・5つのルートを走るトロリーが乗り放題

ハワイでは、色々な会社のトロリーバスがあります。

【JTB】では、【JTB利用者専用】のトロリーが5つのルートを走っているのですが、それが滞在中乗り放題なんです。

このトロリー何が便利かというと、ハワイの市営バスであるザ・バスの利用や、車の運転ができない方でも、レンタカーを借りなくても観光地や人気のあるエリアに行けるんです。

しかも、ルートによっては、一日に何本の出ているので、待たなくてもよいですし、人気エリアで停車するので、目的地まで行きやすい。というメリットがあります。

 

また、2019年4月20日以降から、シャトルバスや観光船を使って行く、5つの観光ルートから1つ選んで観光が楽しめるプランもできましたので、初めての方は特に利用する価値があると思います。

ハワイでのトロリーバスについての情報は☞ここからどうぞ

 

☆【JTB】がハワイに強い理由4つ

・『ホテル』は【JTB】が独自に持っている部屋がある

【JTB】を利用し、ハワイに行ったことがあるかたで、泊まったホテルの部屋当てがあまり良くなかったということはないと思います。

それは、【JTBが独占して持っている部屋があるから】です。

なぜこんなことができるか。そこが、【JTB】がハワイに強いからなのです。

(ホテルにとっては例外があるかもしれませんが...。)有名ホテルであれば、窓からの景色がちょっと...ということはないと思います。

個人で予約したり、部屋の数で予約数を持っている旅行会社は、その部屋自体を維持することはできないので、部屋指定の条件によっては、眺望のないような部屋になってしまった。ということはあるかもしれませんが、眺望にこだわりたい方は【JTB】をおすすめします。

また、海外のホテルで意外なところで日本人が困ること、それはベッドです。

海外でホテルのベッドは、ダブルベッドの場合が多いのですが、日本人は、夫婦や家族連れの方はダブルではなくツインベッドを選ぶことが多いようです。

そこで、【JTB】は、ベッドもダブルベッドの部屋かツインベッドの部屋か選択できます。

f:id:hawaii881:20190206133831j:plain

・空港からの送迎が付いてくる

これが、あるのとないのとでは大違い!特に初ハワイの方は、空港からの送迎はあった方が良いです。

日本語が通じやすいと言っても、現地で生活し、そこで働いている人達は当たり前ですが、英語を話します。

初ハワイの方や初めての海外旅行の方は、送迎があった方が、安心ですし便利です。

レンタカーを借りるのにも、フライトで疲れているのに空港からいきなり運転することになれていない方も、追加料金なしで乗れるので、利用して下さい。

また、ザ・バスもありますが、スーツケースの持ち込みができませんので、注意してくださいね!

 

・飛行機の中でも安心

飛行機での席、どうしていますか。

家族連れで席が別々になってしまったら寂しいですし、せっかくのフライトが残念な気持ちになってしまいますよね。

特に、お子さんが小さいお子さんがいたら、家族そろって座りたいものです。

旅行会社によっては、追加料金でお隣同士の席を確約できたり、自分で航空会社に電話をして座席指定をしたり、航空会社によっては、航空会社に直接申し込みした方のみ座席指定できたりと、予約した旅行会社や航空会社によって違うので、注意が必要ですが【JTB】では、【座席指定かできるため、お隣同士の座席を確約できる】ので、家族やカップル、夫婦で別々の席になてしまう心配がないので、予約可能な日がギリギリだとしても、飛行機の座席の心配をしなくてよいのは、楽です。

f:id:hawaii881:20190206133001j:plain

・家族連れに優しい

ベビーカーの貸し出しサービスがあり、日本からベビーカーを持っていくと荷物になったりします。

今は、空港内もベビーカーの貸し出しがありますし、空港から移動の際にも折りたたんだり、荷物になったりするので、こだわりがなければ現地で借りるのも良いのでは。と思います。

また、ホテルでの食事やレストランで食事する際に、割引サービスがあったり、無料になるサービスもあるので、対象のホテル、レストランを調べて利用できます。

現地だけのサービスだけではなく、機内でのサービスもあります。

機内でのベビーミールやキッズミールの手配、おむつの用意もできるので、必要なものは、事前にリクエストしましょう。

バシネットという飛行機専用のベビーベッドも用意できます。

バシネットを装着できる席は決まっていますので、座席指定するときに申し出た方が良いです。また、バシネット利用の制限が各航空会社によって異なるので聞いてみると良いです。

この、バシネットを利用するかしないかで、機内での過ごし方が違います。

経験から、フライト中は、バシネットで子どもが過ごせる(食事や睡眠など)ので、親のスペースが保てますし、とても快適に過ごせたので、ぜひリクエストしてみて下さい。

 

・トロリーが滞在中乗り放題

上記にも書きましたが、“アラモアナ”、“カハラ”、“ダウンタウン”、“ダイヤモンドヘッド”、“カカアコ”5つのルートを走るトロリーが滞在中乗れます。

このトロリーの良いところは【JTB利用者のみ】が乗車できることです。

なので、混んでいる、また立っている人を見かけたことがありません。

また、乗っているのは、日本人のみなので、初ハワイ、初海外の方は安心かと思います。

リアルタイムでバスの居場所が検索できるので、暑い日差しの中待つことがないので、良いですよね。

 


☆ツアー以外でも【JTB】はすごい!

【JTB】といえばツアーでしょう...とお思いの方、今の【JTB】は違います。

【ダイナミックパッケージ】といって、ホテルとエアーをそれぞれ好きなように選べ、その上、ホテルとエアーを一緒に予約をすると割引されるというお得なものです。

どのホテルを選び、どのエアーを選ぶか組み合わせで割引率も異なりますので、お得なパッケージを選ぶことができる。ということと航空会社とフライト時間を選択できるというメリットがあります。

もちろん、サーチャージ込みの金額です。

サーチャージが高くなっている今だからこそ、サーチャージが別途かかる。というのは痛いです。

 

www.naluhonu-hawaii.com

 

また【JTB】は、航空券のみも購入できます。

それも、チケット会社によっては、手数料が必要となる場合がほとんどです。

【JTB】であれば、手数料なしで購入することができるのでおすすめです。

大手ならではの信頼と安心感、そして、店舗があるので、実際に出向いて購入できます。

WEB専用のお得な情報も豊富にあるので、G.W、春休み、夏休み、冬休みなどの前に見てみて下さい。

今のこの時期は、お特情報があると思います。お特情報は、早いもの勝ちですので、

チェックしてみてはいかがですか。

 

www.jtb.co.jp