徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の結婚、出産、子育て、転職など人生の出来事。私たちは、より良い転職をしたことで大好きなハワイに行くことができます。私たちの経験を皆さんに伝えてより良い人生に進めるよう体験談を伝えます。

【注意喚起】ハワイ・レンタカーでドライブする際に注意すること。日本人は狙われやすい⁈

ハワイでレンタカーを借りる方の中には、初めての方もリピーターの方もいらっしゃると思います。

レンタカーについての記事は、予約の仕方、借り方、返却の仕方、おすすめドライブのルート、レンタカーの会社について、価格比較等、たくさん見ます。

でも、案外レンタカーを借りたときの注意やドライブする際に気を付けなくてはいけないこと等の記事ってあまり見かけません。

ハワイは、日本人が多いですし、海外にしては、治安が良いかもしれません。

しかし、ハワイもアメリカ、銃社会です。

日本とは、異なる部分も多々あります。

そこで、今回は、【注意喚起】シリーズのレンタカーでドライブするときに注意することを書きます。

f:id:hawaii881:20190325143852j:plain



ドライブする際に危険な場所

ハワイのオアフ島に限定して説明します。

・西海岸

現地の人も西海岸沿いは、治安があまり良くないことを知っています。

特にワイアナエという地域は、車で通ると分かりますが、ホームレスのテント村が海岸沿いにあります。

西海岸は、地価が安価なため、低所得者が住んでいる場所としても知られており、犯罪に巻き込まれることもあります。

午前中ならまだしも、夕方からは行くことを避けたい地域です。

現地に住んでいる人でさえ、暗くなってからの西への外出は避けるほどです。

・住宅街の裏道

ワイキキから離れた、ワヒアワという地区、オールドハワイの雰囲気のローカル感漂う街ですが、大きな通りを外れると、少し違う雰囲気がする住宅街になります。

道を間違えて、戻ろうと住宅街に入って迂回するのはおすすめしません。

もし、道を間違えたときは、大通りに、スーパーなどの広い駐車場があるので、Uターンは、そこを利用するようにしましょう。

このような地域は、ワヒアワだけでなく、ワイキキから離れて、西に行けば行くほど多くなるので注意が必要です。

・チャイナタウン

特に、出雲大社の運河沿いは危険です。

車で通るだけなら良いのですが、散歩はしないで下さい。

車でも、夕方前に行きましょう。

情報誌では、今盛んにチャイナタウンの飲食店、特にディナーやバーなど紹介されていますが、個人的にはおすすめしません!

昼間のチャイナタウンは、昔より良くなりましたが、夜のチャイナタウンの危険度は、昔と変わらず、危険です!

薄暗くなって、どうしても行かれる場合は、車ではなく、タクシーで!行きも帰りもドアツードアでお店まで行って、帰ってください。

・カリヒ

“リリハベーカリー”で有名ですが、以前、リリハの駐車場で見知らぬ人から、お金を恵んで欲しいと言われました。

どうやら、ホームレスの方だったようですが、怖かったです。昼間のお出来事です。

住宅地ではあるのですが、昼間でも人通りが少ないです。

路上駐車はしないで下さい。

・カカアコ地区

もともと倉庫街で、治安も良くありませんでした。

今は、高級コンドミニアムや商業施設ができ、開発が進んでいますが、ホームレスも多いですし、ウォールアートを見に行く際は、車でも気をつけてください。

写真を撮りに行く場合の路上駐車は、特に気を付けてくださいね。

カカアコ近辺に住んでいる人も、ウォールアートは、車内から見て楽しむのが良い。と言うほどです。

駐車する際の危ない場所と注意点

f:id:hawaii881:20190307175916j:plain

・場所

駐車場に置いたからと、安心してはいけません。

いつどこで、犯罪者に自分たちの行動を見られているかわかりません。

以前に、ターゲットにされ、車から離れている間に、被害にあった方もいらっしゃいました。

特に、人通りの少ない場所や、駐車場ではない裏道や雰囲気があまり良いとは言えない住宅街の脇道に駐車するのは、もってのほかです!

彼らは、現地住民の車でないことは分かります。

なので、必ず、駐車場になっていて、人目に付く場所、お店の駐車場がなければ、路上にあるコインパーキングを利用して下さい。

・注意点

駐車場に車を止めるときの、止め方についてです。

ローカル色が強い地域ほど気を付けてください!

日本では、出やすいように、後ろ駐車しますよね。ハワイでは、前駐車が原則です。

ほとんどの車が、前駐車です。

今は、後ろ駐車している車も見かけますが、昔は、後ろ駐車している車は日本人の車と分かる。と言われていました。

後ろ駐車したい際は、周りを見て判断するようにすると良いです。

駐車場で車から離れるときの注意

f:id:hawaii881:20190307175758j:plain

ハワイでは、車上荒らしが頻繁に起きています。

特に、レンタカーが狙われやすいのです。

なぜかというと、一目でレンタカーと分かるからです。

私でもレンタカーなのか、そうでないのかわかります。

なので、その道のプロが分かって当然です。

レンタカーを借りた時に、ガラスを見渡してみて下さい。

バーコードのようなステッカー貼ってあるんです。

そのバーコードがレンタカーの目印です。怖いと思って勝手に剥がしたら駄目ですよ!

狙われやすい車は、高級な車、オープンカーが狙われやすいのですが、レンタカーの車上荒らしの被害者は、日本人が多いのです。

でも、怖がらなくても大丈夫!!注意すべくところを注意すれば良いのです!

日本人のレンタカーの被害で一番多いものが、『荷物を車内に置いて車から離れること』です!

これ、ほんの少しの間だから、とか、コンビニにちょっと買い出しに行くだけ、と荷物を置いて車から離れないで下さい!

よくやりがちなのが、堂々と!しかも助手席に!しかもハンドバックですよ!置いて行っちゃうです!

信じられないと思いますが、これが原因の被害、結構あるんです!

これって、『どうぞどうぞ、私のハンドバックを差し上げるので、今のうちに取ってください。』と言っているようなもんです。

分かりますよー!広い空、青い海、どこに行っても、インスタ映えするハワイ!開放的な気分になりますよ!

だって、それがハワイの魅力だし、リピーターになってしまうハワイの不思議な力ですから!

でも、そこを犯罪者は、狙っているのです!

バックだけでなく、洋服やタオルケットも、私たち日本人からしたら、こんな物まで盗るの?!という物も彼らは盗ります。しかも白昼堂々と!!

外から見える、見えないに関係なく、車から離れる際は、何も車内に置かない!これ鉄則です!!

特に、リピーターの方は、慣れが一番恐ろしいです。

私は、大丈夫だった。は、“たまたま“です!!車内から離れるときは、何回でも言います!もう一度、車内に何も物が置いていないか確認してから離れましょう。

最後に

もし、被害にあった時、警察を呼んで、レンタカーの会社に連絡したり、保険関係に手続きをしたり、言葉も通じない、環境も日本と異なる場所で、慣れないことをするのは、大変な労力を使います。

労力だけではなく、限れた貴重な時間を取られることにもなりますし、何より、ハワイ旅行の楽しい思い出や出来事が、一瞬にして、暗い思い出に代わります。

どうぞ、せっかくのハワイ旅行、楽しい思い出だけを持ち帰って、また次の楽しいハワイ旅行へと繋げて下さい。

 

 

・ 次回ハワイ旅行にレンタカーを借りてみませんか?

www.naluhonu-hawaii.com

 

 

www.naluhonu-hawaii.com