徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の結婚、出産、子育て、転職など人生の出来事。私たちは、より良い転職をしたことで大好きなハワイに行くことができます。私たちの経験を皆さんに伝えてより良い人生に進めるよう体験談を伝えます。

ハワイ旅行の費用を抑え格安でハワイに行きたい!個人手配とツアーの比較

 ハワイに行きたいけれど、安い時期が休めない...子どもの休みに合わせて行くと高い...短期滞在と長期滞在、格安なのは、やっぱり短期滞在かなぁ。と悩んでいる方!

ハワイ旅行には、個人手配とツアーがあります。一体どっちが格安で、どのような時期に行くと良いのか。それぞれ比較してみましょう。日ごろ頑張っている自分に、少しでもお得に“ご褒美ハワイ”に行きましょう!

 

子どもに合わせた長期休みにハワイに安く行くためには

 『個人手配』で行くことをおすすめします。

なぜなら、学生の長期休にの時期は、ツアーで行くとかなり高くなります。旅行会社としては一番の儲け時ですからね。ツアーは、いろいろとサービスが付いて、何かあった時もラウンジがあり便利といえば便利ですが、その分の費用も入っていますし、格安ツアーを出すには、みんなが行く時期に費用を高くしないと利益が出ないですから。

そこで、『個人手配』なら、人権費も手数料がかからないので、自分で何もかもやらなくてはいけない手間はありますが、それを面倒だと思っては、繫忙期に格安でハワイに行くことはできません。

 

長期休みで費用が高い時期に安くハワイに行ける理由

『個人手配』は、価格設定が幅広く、自由度が高いことが魅力です。そのなかでも、価格設定が幅広いというのが、強力な力を発揮してくれます。

まず“ホテル”ですが、ツアーの“ピンキリ”とは違う“ピンキリ”があるということ。今は、ホテルも価格を比較するサイトや、民泊を予約できるサイトがあります。このサイトを利用しましょう。

一番費用が抑えられるのが“宿泊費”なので、民泊や比較サイトを使うとよいです。 家族で行く方や人数が多い場合は、ホテルではなくコンドミニアムか民泊が費用を押されるコツです。

次に“飛行機のチケット”です。一番費用がかかるとしたら、やはりここでしょう。しかも人数分かかるので家族でハワイに行くとなると、費用がかなり掛かります。そこをいかに費用を抑えるのか。ですが、日系と外資系の飛行機は、日系の方が高いと思う方もいると思いますが、チケットを購入するじきによって、外資系が高い場合もありますし、日系が高い時期みあります。国際線航空チケット比較サイトを見て判断するといいですね。

日系だから外資系だから安い高いは関係ありません。航空券は時期や曜日などに応じて変動します。ちょこちょこサイトを確認することで格安にチケットを購入できます。公式の航空会社のHPも確認し、比較サイトと比べることも格安で航空チケットを購入する秘訣です。LCCで検討しても良いですね。

費用を抑えるために、飛行機やホテルを予約、購入するときのポイント

費用を抑え、格安でハワイに行くためには、“こだわり”を持ちすぎると、いくら『個人手配』だからと言っても高くついてしまいます。それでは、長期休みの繫忙期に『個人手配』する意味がないですよね。設定金額を決め、“こだわり”は最低でもという“こだわり”にし、宿泊は、一人当たりの金額ではなく1室での金額になるので注意して下さいね。なので、コンドミニアムや民泊だと定員人数ギリギリの人数で泊まると一人当たりで計算した際、お得になります。

航空チケットは、早めの購入が安く手に入るコツとされてきましたが、最近は、その年によって変動があまりなかったりします。こればかりは、サーチャージ料の問題もあるので、見極めるのが難しいですが、ハワイに行く中間時期や間際の航空チケットは高いという傾向が最近はあります。サーチャージ料を改善する時期にもよりますが、早い購入か、ハワイに行く4,5か月前の購入がおすすめです。比較サイトで購入する場合は、手数料などがかかるので注意して下さい。

一番、格安な航空チケットは、直行便ではなく、乗り換え便の飛行機です。少し時間はかかりますが、それでも金額はかなり抑えられます。ハワイ便では、韓国経由が多いですが、日本以外の空港を見ることができたり、その国の食事が食べられたりできるので、時間と余力があれば検討しても良いと思います。

 

個人手配のポイント

・長期休みの繁忙期に行く方

・長期滞在したい方

・人数が多いまたは家族で行く方。

・ホテルよりコンドミニアムか民泊

・飛行機は直行便より乗継便

・航空券は、航空チケット比較サイトと航空会社のHPで比較

 

ツアーでハワイに行くには、繁忙期や長期休み以外がねらい目

旅行会社は、繁忙期や長期休みの時期のツアーで多くの利益を上げます。逆に旅行者が減る時期に少しでもお得に旅行できるようにしています。しかも、繁忙期や長期休みでない時期にハワイ旅行に行く方は、大体の人が長期滞在はしません。そこで、旅行会社がツアーを売りにするんです。

これは、航空会社も同じです。なので、お互いが協力をしてツアーの費用を安くできるんです。だからこそ、ツアーで行くことをおすすめします。

ツアーの中でも費用を抑えるためには

 旅行会社で出す、日程直前ツアーがねらい目です。どうしても売れない、売れ残りそうなホテルと飛行機を組み合わせて作るツアーなので安いです。だから、期間や日数などが限られてきてしまうのですが、ハワイに行こうと決めた日が、たまたま合ったり、ツアーの指定されている日にお休みが取れそうな方は、ラッキーです。旅行会社のカラー用紙に一色刷りの用紙があったら見てみて下さいね。

格安ツアーの場合、飛行機は日系より外資系が安い傾向があります。

 

ツアーで格安ハワイのポイント

・繁忙期や長期休み以外でのハワイ旅行

・短期滞在の方

・日系の飛行機より外資系がおすすめ

・旅行会社の店舗では、カラー用紙に一色刷りのパンフレットに注目