徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の結婚、出産、子育て、転職など人生の出来事。私たちは、より良い転職をしたことで大好きなハワイに行くことができます。私たちの経験を皆さんに伝えてより良い人生に進めるよう体験談を伝えます。

【ハワイ家族旅行】個人手配するときに失敗しない方法とポイントとは

家族で行くハワイ旅行、初めて個人手配してみようかな。と思ている方や個人手配に興味があるけれど、どうしたら良いかわからない、何かあったらどうしよう。失敗したくない!と思っている方。個人手配って、実は難しくないんです。楽しんで個人手配をして、家族でハワイ旅行に行きましょう!

 

まず、何から始めればよいかというと、飛行機のチケットから購入しましょう!

その理由は、飛行機に乗れないと、ハワイに行くことができないから!です。単純な理由ですけれど、結構重要です。個人手配の魅力は、何と言っても『自由』ということ!だからこそ早めの行動が“吉”と出ます。

日系の飛行機にするか、外資系の飛行機にするか、どの空港からハワイに行くのか。ということも事前に決めておきましょう。飛行機のハワイ便は、1年を通して人気なんです。ということは、長期休みなどの繁忙期は特に、機内の座席がすぐに埋まってしまいます。閑散期でも、人気路線なので自分が座りたい席が埋まってしまうことも…また、乗りたい飛行機の時間が人数分空いていなかったりする場合も…自由に好きな席に座れて、好きな時間にフライトができるのであれば、早めにチケットを購入することです。

ポイント

・航空券を早めに購入することで、希望の座席に座れる

・早めに航空券を購入することで、希望時間でのフライトができる

・航空券の値段は変動するので、早めに航空券を購入する

 

次は、ホテルを決めましょう

飛行機のチケットを購入し、確実にハワイに行けることになったのであれば、次は宿探しです。と言っても、ハワイには、『ホテル』『コンドミニアム』『民泊』の3つから宿泊するところが選べます。

『コンドミニアム』と『民泊』(民泊は、個人が所有するコンドミニアムか一軒家です。)は、小さなお子さんを連れた家族、人数が多い家族、2世帯や3世帯で行く方におすすめです。

『ホテル』を決めるときは、比較サイトで値段や設備など条件に合ったホテルを探したり、あこがれのホテルも時期によってはお得に泊まれたりできるので、比較サイトで検索し、予約します。ホテルを決めるのは、慌てる必要はないと思いますが、渡航日に近づくほど、選択できる宿泊場所が限られてきます。特に繁忙期などは、『コンドミニアム』や『民泊』は、早めの予約が安かったり、お得なものから、『ホテル』は、人気のホテルから埋まっていく傾向があるので、早めの予約がおすすめです。

ポイント

・宿泊場所は慌てて決めなくても大丈夫

・こだわりや条件がある場合、繁忙期などは早めの予約を

ハワイの空港からの移動手段について

無事にハワイの空港に着いても、空港から市内へ移動手段を決めておかないといけません。ここで、注意しなくてはならないことがあります。市バスの“ザ・バス”は、トランクを持っての乗車はできません。なので、市街での移動手段は、『シャトルバス』『タクシー』『レンタカー』になります。それぞれ、前もって日本から予約しましょう。この時、貸し切りなのか、団体なのか、値段は、1家族での金額なのか、1人の金額なのか、交通手段によって異なるため注意して下さいね。

 

最後に結構大事!ESTAの準備とパスポートの準備

最後に飛行機チケットの購入、宿泊場所の予約ができても、『ESTA』と『パスポート』がなければ、ハワイには行けません!特に、空港に着いて“ESTAの申請・再申請を忘れた”という方、多いんです!!これ、結構凹みます。せっかく個人手配をしても、この2点を忘れたら意味がありません。

『ESTA』は2年ごとの申請が必要なんです。しかも更新というのがないので、2年経ったら、また申請しなくてはいけないのです。慣れれば、どうってことないんですけれど、初めてのときは、手こずりますし、家族の場合は人数分申請するので、面倒と言えば面倒です。が、この『ESTA』申請をしなければ、パスポートを持っていてもハワイには行けないので、日にちに余裕を持って申請して下さい。また、申請完了した際のページをコピーしておくことをおすすめします。

パスポートは、帰国する日まで期限が切れないことを確認しておいて下さい。有効期限が3ヶ月以上残っているようにすると安心です。

失敗しないポイント

・予約、購入などは早めにする。特に繁忙期

・航空券・ホテル予約・ESTA・移動手段などで予約した際に、予約や申請したことを証明するもの(予約表やそのページのコピーなど)を持って行く

・パスポートの有効期限をチェックする

・ESTAの申請や再申請されているかの確認

・ホテルやコンドミニアムを予約した場合は、公式HPの問い合わせフォームにて、予約されているか確認する

・問題が起きた時のために、それぞれ予約完了した日にちを書いておく