徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の結婚、出産、子育て、転職など人生の出来事。私たちは、より良い転職をしたことで大好きなハワイに行くことができます。私たちの経験を皆さんに伝えてより良い人生に進めるよう体験談を伝えます。

ハワイ宿泊コンドミニアムとホテルの違いは何?!どちらが良いのか徹底解説

 

f:id:hawaii881:20190426085320j:plain

ハワイ旅行を決めるときに、宿泊先は、ホテルとコンドミニアムどっちにしょうか迷うことはありませんか?また、ホテルとコンドミニアムの違いってどこなの?と疑問に思っている方、ここでは、コンドミニアムとホテルの違いと、どういう時にコンドミニアムにすればよいのか、ホテルにすればよいのか。というポイントを説明していきたいます。

コンドミニアムとホテルの違い

コンドミニアムとホテルの違いは、部屋の間取りの違いが大きな違いとなります。

その他に、掃除や洗濯などのサービスの違いがあります。分かりやすくコンドミニアムとホテルの違いについて説明します。

コンドミニアムについて

f:id:hawaii881:20190303212736j:plain

ハワイのコンドミニアムは、1LDK、2LDK、3LDKが主な間取りになっています。中には、スタジオタイプといって、寝室とキッチンダイニングが一つの空間にコンパクトに収まっている間取りもあります。日本でいうマンションが、ハワイのコンドミニアムになります。

最近は、ホテルとコンドミニアムの要素を組み合わせた“ホテルコンド”というものもあります。これは、主な経営スタイルはホテルなのですが、そのホテルコンド利用できるし、コンドミニアムとしても利用できるようになっているものです。

・コンドミニアムの特徴

まず、コンドミニアムの一番の特徴は、スタジオタイプ以外は、寝室とリビングが別々になっていることです。なので、ホテルと比べると部屋面積が広いということです。

コンドミニアムの部屋掃除については、毎日ではなく宿泊者が退室してから業者が掃除をする場合と、長期滞在の場合は、1週間に1回、業者の掃除が入る場合があります。これは、コンドミニアムやコンドミニアムを管理する会社によって異なります。

部屋でゆっくりしている時に、ルームクリーニングのスタッフが入ってくることがなくホテルよりもプライベートが保たれるというメリットも。汚れが気になる方は、コンドミニアムには、掃除道具が用意されていることがあるので、サッと掃除することもできます。

また、コンドミニアムには、キッチン(カトラリーや・器・冷蔵庫・冷凍庫付き)が付いているので、ルームサービスはありません。洋服のクリーニングも洗濯機が部屋やコンドミニアムの建物内にあるので、クリーニングサービスもありません。

ホテルコンドの場合は、ホテルの要素も備えてあるので、コンドミニアムよりサービスが充実していますが、サービス内容はホテルコンドによって違うので問い合わせてみて下さい。

コンドミニアムのポイント

・寝室とダイニングキッチンが別になっているため、広い

・ルームサービスやクリーニングサービスがない

・洗濯機や掃除道具がある

・生活するように過ごせる

ホテルについて

f:id:hawaii881:20190426085044j:plain

サービスが充実しています。受付やホテルによってはコンシェルジュや日本語デスクがあるので、何かあった時に安心です。また、荷物の預かりもしてくれるので、チェックインまでの時間、荷物を預けて身軽に外出できるのも良いですね。

 また、ほとんどのホテルにレストランやカフェといった飲食店、中にはショッピングができるお店まであり、滞在時に便利です。

・ホテルの特徴

ルームサービスや洋服のクリーニングはもちろんのこと、毎日、部屋の掃除、ベッドメイキングが入ります。その時に毎回、飲み物やタオル、アメニティーなどを補充してくれます。

ホテルの冷蔵庫は冷凍庫がなく、冷蔵庫のサイズも小さいので、飲み物や食べ物などを買ってきた際は、サイズに気を付けてくださいね。

 

ホテルのポイント

・サービスの充実

・ルームサービスやクリーニングをしてもらえる

・毎日の部屋掃除にアメニティー、飲み物、の補充

・ホテル内に飲食店やお店があり便利

ホテルとコンドミニアムの注意点

ホテルとコンドミニアムに泊まるときに宿泊費以外に支払うものがあります。それも、コンドミニアムやホテルで支払うものが異なるんです。また、コンドミニアムは管理している会社や、民泊だとオーナーによって支払うものが違います。

ホテルの注意点

ホテルは、宿泊費の他に州税、サービスが充実しているか故のサービス料、毎日のルームクリーニングのチップ、リゾートフィー(毎日の水やお茶、コーヒーなどのティーバッグの補充やアメニティ補充、ホテル内の施設管理や施設内で行われる無料アクティビティ)がかかります。

コンドミニアムの注意点

コンドミニアムは、リゾートフィーはかかりませんが、クリーニング代がかかります。このクリーニング代は、コンドミニアムによって異なります。その他に、州税がかかります。サービス料は、かかる場合とかからない場合があるので、泊まるコンドミニアムの料金には、何が含まれて何が含まれていないのか確認しましょう。

コンドミニアムが合う方は

生活できるように過ごせる。がコンドミニアムのコンセプトだと思います。キッチンや洗濯機があるのも便利ですよね。多くのコンドミニアムが駐車場付きなので、レンタカーを借りるのにも便利です。

☆長期滞在

ホテルだと、リゾートフィーや毎日のルームクリーニングのチップが重くのしかかってきます。しかも、リゾートフィーは値上げ傾向にあり、ワイキキのビーチ沿いのホテルは高いので、長期となるとリゾートフィーとチップだけである程度の金額になってしまいます。なので、長期滞在の場合は、コンドミニアムがおすすめです。

☆小さなお子さんがいる

コンドミニアムの良いところは、キッチンがあるということ。もちろん、食器やキッチン用品もあるので、小さなお子さん連れの方は、ミルクや離乳食を作ったり、食器の消毒や洗浄もできます。冷蔵庫も冷凍庫もあるので食材を買ってきて食事を作ることもできます。

また、室内や施設内に洗濯機があるので、洗濯物が多くなるお子さん連れの方は便利ですよね。部屋の間取りも、寝室とリビングダイニングと別れているのもお子さん連れの家族にはメリットになります。

あわせて読みたい

【乳児・幼児】ハワイ子ども連れで泊まるのは、ホテルとコンドミニアムどちらがおすすめか迷っている方必見!

☆2世帯・3世帯または人数が多い

コンドミニアムの部屋面積は、ホテルと比べて断然広い!そして、寝室が分かれているので、プライベートが保たれる!これ、大人数で同じスペースで泊まるときに大事なことですよー。特に、2・3世帯で行くとなると特に大事ですよね!寝る時ぐらいは、お互いに気を遣わずに寝たいですよね。

また、多くのコンドミニアムでは、BBQコンロが用意されているので、みんなでワイワイ楽しく食事ができますし、部屋のキッチンでみんなで料理を作るのも、素敵な思い出になるのではないでしょうか。

ホテルが合う方は

ホテルの魅力は、何と言ってもサービスが充実していること。至れり尽くせりで、日ごろ家事や仕事などで忙しい方にとっては、羽を伸ばせるのではないでしょうか。ホテル内には、レストランやバーもあるので、ちょっと贅沢に過ごすのもよいですね。

☆短期滞在

短い日程の中で、ホテルでゆっくりするもの良し、1日中外出していても、帰ってきたら部屋はきれいになっているので快適に過ごせます。また、短期なので、部屋のクリーニングのチップやリゾートフィーも長期と比べるとそこまでかからないです。何より短期だからこそ快適に優雅にハワイ旅行を楽しむのであればホテルがおすすめです。

☆カップルや夫婦

ホテルは、コンドミニアムに比べてサービス面、雰囲気が良いです。またホテルの部屋は、コンドミニアムより広くはないですが、ホテルならではの重厚感がある部屋になっているので、そこもポイントが高いと思います。おしゃれなレストランやカフェ、バーなどがあるホテル内にあるので、朝食から夜の食事にと利用できますし、ホテルのカフェやバーでゆっくりしても良いですよね。カップルや夫婦で、非日常のハワイ旅行を楽しみたい方や記念日などの特別な時には、ホテル側でサプライズを用意してくれたりするので、ホテルが断然おすすめです。

☆旅行の時ぐらい優雅に

旅行の時は、非日常的な空間で思い切り羽を伸ばしたいですよね。掃除も料理もお休みして、ホテルのおもてなしをたっぷりと楽しみましょう。至れり尽くせりがホテルの良いところです。