徒然ナルの子育てと日常とハワイ

アラフォー夫婦の子育て、転職など人生にはいろいろな出来事ありますよね。少しでも私たちの経験が皆さんの心に残せたら幸いです。

【乳児版】ハワイ・子連れ機内での過ごし方は、実は飛行機に乗る前が大切って知ってましたか

 家族の時間で初めてのハワイ旅行、楽しみもありますが、小さなお子さんがいると、悩みや不安も出てきます。

我が家の“子連れハワイ”に行った時の体験をもとに、“初めての子連れハワイ”のご家族を応援すべく、悩み、不安を解消します!

今回は、『乳児の機内の過ごし方』についてです。

親子で楽しく歯磨き習慣【ムシバイ】

f:id:hawaii881:20190324092906j:plain

乳児連れの機内での過ごし方

乳児の月齢にもよりますが、生後半年位になると、1日の生活リズムが付いてくるので、夜もまとめて寝てくれるようになってきます。

フライト時間にもよりますが、ハワイ便は、夜フライトなので、機内で基本は寝て過ごしてもらうのが、ハワイに着いた後のお子さんの体調や、生活リズムのためにも良いですし、親御さんも楽です。

ベビーミールも頼めますが、寝ていたらそのまま寝かせておきます。

途中で起こしてしまうと、睡眠のリズムが崩れ、敏感なお子さんは、環境の変化も相まって、親子共々、地獄のフライトになってしまいます。

また、途中でミルクタイムがあるお子さんは、機内でもお湯を持って来てもらえるので、安心してくださいね。

基本、お子さんが乳児の場合は、機内では寝て過ごす。です!

寝るといっても、どこにどのように寝かすのか。

よく、抱っこしている親御さんを見ます。

7~8時間、ずーっと抱っこって、乳児でも大変です。

機内でも、機内だからこそ、親御さんもゆっくりできるときは、ゆっくり体を休めましょう。これ大事です!

ハワイに着く前にグッタリしたら、せっかくのハワイが楽しめません。

ここで、救世主の“バシネット”の登場です。

ふっくら柔らか!1日うるおい続くオールインワンジェル乳液

バシネットについて

“バシネット”をご存知の方、いらしゃいますか。

“バシネット”とは、機内の壁に設置する、ベッドの事です。

ハワイに乳児を連れて行く時には、是非この“バシネット”を使ってください!

強くおすすめします。

なぜって、この“バシネット”があるのとないのとでは、機内で寝るお子さんにしても、親御さんにしても、全然違うんです!

日経でも外資でも航空会社に直接電話での事前予約が必要です。

なぜなら、バシネットを設置できる場所決められている事と台数に限りがあるからです。

なので、航空券を取ったら、早めに座席予約とバシネットの予約を、航空会社に電話で問い合わせましょう。

“バシネット”は

・JALで10.5㎏→詳しくはこちら┃JAL HP

・ANAで10㎏→詳しくはこちら┃ANA HP

・ハワイアンで9㎏→詳しくはこちら┃ハワイアンHP

・デルタで9㎏→詳しくはこちら┃デルタHP

・大韓航空11㎏→詳しくはこちら┃大韓航空HP

・ユナイテッド10㎏→詳しくはこちら┃ユナイテッドHP

・LCCエアアジア体重については書かれていないので問い合わせして下さい。→詳しくはこちら┃エアアジアHP

どの航空会社も2歳児までのお子さんが使用可能です。

基本、出発の2日前まで電話にての予約ですが、ハワイ便は人気なので、時期を問わず早めに予約することをおすすめします。

→日経も外資もLCCも一括比較で格安。早いもの勝ち!今すぐ予約!┃sky tiket

機内で注意すること

“バシネット”を使用するときもしないときも、離着陸時は必ずお子さんは親御さんが抱っこして下さいね。

バシネットにお子さんを寝かせての離着陸はしないで下さい。

この時、親御さんのシートベルトは、いつも通り閉め、その上にお子さんを抱っこしてくださいね。

この時、縦抱きでなくても大丈夫です。

我が家の場合、寝ていたので、そのままバシネットに移しやすいように横抱きしていました。

“バシネット”に寝かせられるのは、シートベルト着用サインが消えて、平行飛行になてからです。

なので、それまで、寝ているお子さんは、お子さんが起きないことを祈りながら、頑張って抱っこしていて下さい。

バシネットを設置していても、おトイレに行き来できますが、機種によっては、真ん中の膝当ては上げておいて下さい。

真ん中の膝当てが邪魔して、お手洗いに行けなくなります。

お子さんはが、バシネットで寝ているときは、常にベルトを締めておいて下さい。

寝返りや、寝苦しそうな場合は、シートベルトサインが出ていないか確認して、外しても良いと思いますが、基本はシートベルトをするようにして下さい。お子さんの安全のために。

離着陸の際の耳抜きは、ミルク、母乳(窓側の席、または真ん中の席でケープをすると良いです。)または、ジュース(顆粒でお湯で溶かすタイプのものが便利です。)を飲ませてあげると痛みや違和感を軽減できます。

お湯は、CAの方に「〇〇㏄までお湯を入れてください」と頼めば持って来てくださいます。

 『おこさま用カイテキオリゴ』

飛行機に乗る前にすること

f:id:hawaii881:20190305145730j:plain

飛行機に乗る前にすることが実は、一番大事なんです!

『機内では、お子さんが寝て過ごすことが大事』と書きましが、それでは、寝かせるためにはどうしたら良いか。ですが…。

乳児なので、幼児のように疲れさせることは必要ありません。

普段の生活リズムを崩さないこと。

これが大事です。

我が家が、ハワイに生後10か月の子どもを連れてい行った時のことを書いていきます。

JAL、成田空港最終便に乗って行きました。ハワイ便は夜なので、これがとても助かりました。

まず、空港には早めに行き、いつもの夜ご飯に時間にご飯を食べました。普段は、夜ごはんの後は、お風呂に入ります。

なので、夏に行ったのが幸いし、湯冷めの心配がなかったため空港内にある、シャワールームのファミリータイプのシャワールームでシャワーを浴びました。

 

脱衣所もファミリータイプなので広いですし、洗面台と椅子、夏だったので、扇風機もありました。

お手洗いもあるので、そこで制限時間ギリギリまでゆっくりしていました。

この時、大切なことは、普段、着ているパジャマを着せることです。

タオルケットも、いつも使っているものが良いです。

ついでに、好きなぬいぐるみやおもちゃも持って行きましょう。

我が家は、ミニーマウスのお腹にスピーカーが入っているぬいぐるみを持って行きました。

そこまで⁈と思う方もいらっしゃると思いますが、子どもは敏感です。

なるべく、いつもと違う環境で不安にならないようしていました。

そのあと、ベビーカーに乗せて、段々と人が少なくなる空港内を散歩していました。

しばらく何やら一人で喋っていて上機嫌でした。

ふと気付くと、静かになったので見てみると寝ていました。

この時の、私の胸の内は、ガッツポーズです!ヤッター!寝てくれた!と思いました。

少し早めに搭乗口に行き、起きないで~。と思いながら、搭乗に時間を今か今かと待っていました。

搭乗口まで、ベビーカー使用ができるので、そこまでベビーカーで行き、ベビーカーを預けました。(JALは、ベビーカーの預かりは無料です。)

子ども連れは、優先で搭乗できるので、起きないようにベビーカーから横抱きしそのまま平行飛行するまで我慢です。

平行飛行になったら、これまた起こさないように、起きないように祈りながら、そーっとバシネットに寝かせました。

この時、親御さんの体からお子さんを離さずに、なるべく、バシネットに寝かせるギリギリまでお子さんとご自身の体をくっ付けておくのがポイントです。

バシネットに寝かしつけることができれば、親御さんも本当に楽です!

まとめ

ある意味、ミッションのようですが、日ごろの生活リズムと普段身に着けているパシャマ、タオルケット類、ぬいぐるみなど、普段睡眠導入のためにしていることをする。

あとは、泣いたら、交代で4時間立ち続けるゾ!という覚悟というか、ある意味開き直りも必要です!

乳児連れのみなさん、楽しいハワイ家族旅行になることを祈っています!!